www.koho-office.biz

自動車の全損とはその名が示すように全てが破損してしまう状態で、つまり走行することができないように車としての機能を満たさなくなった場面で用いられますが自動車の保険で定義されている【全損】は少し同様ではない意味が込められていたりします。自動車の保険の場合では車が破壊された状況で〈全損と分損〉という風に2つに区分され分損は修理費が保険内でおさまる場合を表現し、『全損』とは修復費が保険額を超える場合を言います。普通、修理で《全損》というと車の心臓となるエンジンに致命的な損害を受けたり、自動車のフレームが変形して直すことが不可能である為、リユースか廃棄と判断されるのが当たり前です。けれども、車の事故の後にディーラーや車の保険会社がその修復費を推定した状態で、どれほど表面が問題なく直すことができる状態でも修復費が補償金よりも大きくてはそもそもなんで保険にお金を負担しているのか分からなくなってしまいます。そのような場面では、(全損)と考えてマイカーの権利を保険屋さんに譲って補償金を貰う条件になっています。もちろんかなりの時間連れ添った自動車でこだわりがあり、自分で修理をしてでも使いたいと思う人間はいくらでもいらっしゃいますので場合において自動車の保険屋さんと話し合うといいでしょう。さらに、車の保険の中にはそういう事態のために車両全損時諸費用補償特約など《全損》時のための特約つけている場合がいっぱりあり例え、車が全損となった場合でも新しく車を買うなどの諸経費を一部分払ってくれる時も存在します。なおかつ盗まれた時の補償額の特約をつけていると、とられてしまった愛車がなくなった際でも《全損》と判断され保険金が支払われる決まりになっているようです。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.koho-office.biz All Rights Reserved.