www.koho-office.biz

外為取引においては取引所取引という取引がございます。普段のFX会社と売買をとり行う事柄を「店頭取引」と言いますが、これは取引所を通さないで売買の対象はFX企業になります。「取引所取引」という場所は外国為替証拠金取引(FX)会社はあくまでも橋渡しあり、ストレートの商売対象は取引所ということになるのです。その違いをこちらで若干比較してみましょう。第一に「店頭取引」の折は委託しておるお金はFX業者に管制されています。「取引所取引」のケース、こちらの証拠金は全額取引所に預け入れしなければいけないと義務になっています。そうすることにより仮に外為会社が倒産してしまうというような話が万が一あったとしても取引所取引は取引所によってお金は全ての額防護されることになるのです。前者の場面は外為(FX)業者がコントロールしているから、様子によっては業者パンクの悪影響ををこうむり預け入れていた証拠金は保護されずなのかもという可能性があります。税金面でも店頭取引と取引所取引は内容に相違が存在します。「店頭取引」では、変動利益やスワップ利息などを雑所得として労賃と一緒に計算して報告をしなければいけません。しかれども確定申告せず済むケースもあるみたいですので、自己に共通するのかしないのか十分確かめるようにしていただきたいです。仮に貴方が勤労者でサラリー2000万円以下給与の所得以外の儲けが20万円以下(2.3の会社から給与所得がなし)というようなのような規定を満たしている状態でいるのであれば特例というお話で確定申告はしなくてよいのです。外国為替証拠金取引(FX)利潤が20万円以上の場合は確定申告しなければいけません。税率は実収に追随して5〜40パーセントの6段階に組み分けされていまして、利益が高いのであればtaxも値上がりします。「取引所取引」においては、利潤があった時はその他の実入りとは別として「申告分離課税」の対象となってしまうのです。税金の率は全て同じ20%となるのですが、損失が決定したならば「取引所取引」の利益として赤字分を次年以降に繰越が可能です。上記から見ても、「取引所取引」の方が安いtaxになるケースもあるので比べて検討していった方が良いと思います。特に未経験者の場合、株価の上がり下がりや円の状態に常に注視して、収益やマイナス分にスリリングなあまり、税金のことを忘れたかのようになることもありがちです。損は困りますが、収入が値上がりすれば税金についても高くなるので目を向けるのと実感をもつ事がポイントでしょう。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.koho-office.biz All Rights Reserved.