www.koho-office.biz

ようやく投資すると時という場面では何よりも下準備を怠ってはならない。売買を行う前であるとすれば物事を論理的に見ることができる余裕があります。だがしかし、いっぺんトレードの中に立ち入ってしまうと、どう試みても捉え方が独りよがりになってしまい状況によっては正しい判断が分からなくなる危険があります。そのために自分の考え方が落ち着いている段階で、ちゃんとした準備が不可欠です。その”準備”のためには自分なりの台本を作成する事から行います。今後の投資状況は下がる(または上がる)から、円をエントリーするというように、あなたなりの台本を書いていきます。次に日足チャートを見ましょう。これまでの相場の動きを見て今の値段をチェックします。そうしたら、「現在はひどく低い状態にある」とか、あるいは「とっくに大方の人が勝負している、これから先自分が売買してももはや遅すぎるな」などと見えてくる。当然、もはや売買するのが遅いと思っていたら、エントリーしないで、この状況ではあきらめることか重要です。どうやっても自らの物語を引き下げないで吹っ切らずに注文すると、市場に押し返されてそればかりか損をすることになります。とは言ってもかなりのケースで、準備が出来ているストーリー展開を作り上げていくと、仕かけるのがなすすべがないというケースにはならないでしょう。現実に外国為替市場が上下動する前のはずだから。その次は、差し当たり自分が売買しようと検討している通貨の変動を、きちんと見る事が大事です。仮定として円安に向うはずだという台本を記したのであれば、ドル円の上下動に注目する必要があります。マーケットの変動をチェックし始めたときでは、まだまだ上げ下げする様子を見せることはなく上下に多少の上げ下げを繰り返しているだけだろう。しかしながら、その変動をしっかりと調べていると、ある地点でゆっくりとドル高の方向へと外国為替市場が向い始めます。そこで、ドル買いの新規注文を出すのだ。普通、そこまで緻密に準備を進めておけばそのエントリーで利益を上げる割合はかなり高くなります。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.koho-office.biz All Rights Reserved.