店で使う場合に何度も経験があるのではないかと思いますが

店で使う場合に何度も経験があるのではないかと思いますが、店頭の人が慣れていないためどちらの紙を利用者のもとへ渡すべきか迷うことがおありかと思います。76-4-2

というのも、クレジットを機械に通すと、専用端末の方から複数の使用レシートというものが吐き出されるからでして、これらのうちどの明細をお客さんの方に渡して良いのか迷うということがあるのです。76-14-2

数枚の明細の意味》この数枚の利用明細についてはどういうものなのかということの概要は、下記の内容になります。76-16-2

1利用者へ保管して頂く明細。76-17-2

2店舗控え明細。76-18-2

3クレジットカード会社保管用使用明細(サインを書くレシート)。76-8-2

通常であれば利用者のもとへ渡す用の利用レシートを渡すものです。76-7-2

時々、店舗控え用の紙を利用者へ間違って渡すような場合であったりサインした方の明細レシートを渡す事故も見受けられるのです。76-20-2

このようなパターンはパートの人に対してや、あまりカードというものが使われるケースの少ない店舗などの会計においてクレジットを利用する際それらのレジ担当者の心の乱れを垣間見れることでしょう(笑)。76-11-2

いつか店員が誤った明細レシートというものを提示して場合には、怒りを抑えて「これは違いますよ」と一言正してあげてください。76-15-2

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.koho-office.biz All Rights Reserved.