しっかり確かめるようにしなければなりません

車を所有している方でしたら知っているはずですが自動車税という税金を支払う義務があります。78-20-2

それでこの税金は、査定に出す自動車売却の際に一般的に還ってくるのです。78-18-2

本当に実行してみるとすぐ頭に入ってきますが、これからはじめから流れを分かりやすく紹介したいと思います当たり前ですが補足するとすれば、国内販売されているクルマに限らずドイツ車も還ってくることになってきます。78-8-2

当然車についても当てはまります。78-19-2

自動車税は車を持つ人が払わなければいけないお金でこれは車の排気量により定められています。78-5-2

1リッター以下ならば29500円となり、1リッターから1.5リッター以下までだと34500円。78-14-2

これ以上は500ccずつ5000円ずつ増加します。78-17-2

自動車税は4月1日現在ので車を所有している人が今年度の自動車税を納めることになります。78-4-2

つまり事前納付ということですから、当然愛車を手放して所有権を失った際には前払いした分のお金は返還されるということです。78-2-2

この税というのは事前納付でその年度の税金を納付するから、一年以内にクルマを手放した際は、入れ替わった所有者がお金を納めなければいけないのです。78-11-2

買い取った相手が買取専門業者であれば売却時に前払いしている分の税金を返してくれます。

所有権を手放した際以後の税は、権利が移った保有者が納税義務を負います。

例えば10月中に自動車を買い取ってもらったのであれば、11月以降翌年3月中までの払ったお金は還ってくるのです。

というのも、前述の通り自動車税という税金は前払いであるということからもわかります。

つまり売却者は買い取った相手に税を返還してもらうということなのです。

業者を介さずに車を買い取ってもらうときに、意外とこうしたことに気づかない人がよくいるため、しっかり確かめるようにしなければなりません。

自動車税が車を売却すると還ってくることをあまり知らない人が多いからと言って、そのことを悪用する業者もいます。

こちらから自動車税に関して話を切り出さなければ完全にそのことに関して触れないという場面もよく見受けられます。

ですので愛車の買い取りを依頼するさいには払いすぎた税金が返金されるのかどうかを確認することを怠らないようにしなければなりません。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.koho-office.biz All Rights Reserved.