2つめの選択肢は「任意整理

破産手続きの際自分の債務にあたりその保証人となる人が存在する場合は、前もって話をしておいたほうが無難です。アンサージュ 口コミ等

改めてお話ししますが、保証人となる人物を立てている場合は、破産の前に前もって考えるべきです。黒しょうが+5つの黒スリム 口コミ

なぜなら、破産手続きを出して免責されるとその保証人があなたが借りた義務をすべて背負うことになってしまうからです。ホスピピュア 口コミなど

破産宣告の前段階で保証人に、それらの現状を説明し、お詫びの一つもなければならないでしょう。バイタルアンサー 効果

保証人となる人の立場で考えると当然のことです。テサラン 脇汗

負債者のあなたが自己破産することによりいきなり返済義務がふりかかってくるのです。ジョモリー 口コミ

以降のその保証人の選ぶ手順は次の4つです。マッスルエレメンツHMB 口コミ

まずその保証人が「全額払う」ということです。マッスルエレメンツHMB 口コミ

その保証人が多くのカネをラクに支払うことができるというような貯金を持ち合わせていれば、この方法を取ることができるでしょう。ストラッシュ 新宿

しかしながら、あえて自己破産せずに保証人となる人に立て替えてもらってあなたはあなたの保証人に定期的に返していくということもできると思います。リンクス 口コミ

また保証人が破産を検討している人と良いパートナーであるのなら完済期間を考慮してもらうことも問題ないかもしれません。

いっぽう耳をそろえて返済不可能でも業者も相談で分割での返済に応じてくれるかもしれません。

保証人となっている人にも破産手続き実行されてしまうとすべて弁済されないことになりかねないからです。

保証人がその債務を代わりにまかなう財産がない場合は、あなた自身とまた同じようにある中から債務整理を選ばなければなりません。

2つめの選択肢は「任意整理をする」ことです。

これは債権者と話し合いを持つ方法で、5年ほどの時間で完済していく方法になります。

実際に弁護士に依頼するときの相場は債権1件につき4万円ほど。

合計7社からのローンがあったなら約28万円いります。

必要な貸した側との示談を自ら行うことも不可能ではないですがこの面での経験がない素人だと債権者側が自分たちに有利な条件を押してくるので、注意しなければなりません。

また、任意整理になる場合もあなたの保証人にお金を払ってもらうことになるわけですから借金をしたあなたは少しずつでもその人に返していく義務があるでしょう。

さらに3つめは保証人である人も債権者といっしょに「自己破産をする」という方法です。

あなたの保証人も返せなくなった人と同じように自己破産を申し立てれば、その保証人の義務も返さなくて良いことになります。

ただ、保証人がもし有価証券等を登記しているならばその個人資産を失いますし資格制限がある仕事をしている場合は影響を受けます。

そういった場合は、個人再生制度を活用できます。

では4つめですが、「個人再生という制度を使う」方法があります。

マンション等の不動産を手元に残しつつ債務整理をしていく場合や自己破産では資格に影響する業務にたずさわっている場合に有効なのが個人再生という制度です。

この処理の場合不動産は手元に残りますし、破産宣告の場合のような職種制限、資格制限が何もかかりません。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.koho-office.biz All Rights Reserved.